家族が望む介護

 日本では介護は家族が行うことを美徳とする方もいると前にお話いたしましたが、そういった考え方が「老老介護」などを生み出したり、介護に理解がないことと、核家族化がすすんでしまってそういったことになってしまっている現状があります。

  私たちケアマネージャーは在宅訪問を行ったり、今現在1人暮らしをしていて、もしかすると今後、要介護者になってしまうかもしれないという恐れのある方のところにも訪問することがあります。

  そして、更に親が要介護者になってしまい、娘や息子などの子供が面倒を見なくてはならなくなっているケースもあります。

  それ以外にも、お嫁さんに本人が無理やり介護を押し付けるケースもあります。

  そういった中で、介護をしている家族は疲れきって心身ともにダメージを受けていることが多く、それは若いから出来るとか元気だから大丈夫ということではなく、24時間ずっとそういった要介護者から目を離さないということはある種の緊張から解けない状態にあるのです。

  その場合には、介護をしている本人が介護サービスを希望することが多く見受けられます。 私はそれは良いことだと思うのです。病人を増やしてしまうよりも、こうした専門職に任せていただくことは、介護を行っている人にとっても、その本人にとっても良いことであると言えます。

  介護をしている人は介護サービスについて、非常に理解を示し、希望もきちんとお話してくれます。 しかし、そうではない方(要介護者、もしくは介護者のそばにいながら自分は介護をしない人)の方が、口うるさく、苦情を言ってきます。

  家で面倒見てはいけないのか?他の人に見てもらうのは恥ずかしい。そういったことを言い続け、なかなか、介護サービスを利用できない人もいるのが事実なのです。
しかし、きちんとしたケアプランを組み、介護保険を利用し、維持向上を目指していくことが出来たらどんなに良いでしょうか?

  お嫁さんに「あれもしろ、これもしろ」と要介護者が言っていて、その希望の全てをやらせて本人は寝てばかりいたら、そのうち本当に何も出来ない状態になるのは必然となります。

  本人の希望を聞いてばかりいたら、どんどん、体の機能は低下します。 介護サービスはお世話ではありません。介護の技術を専門家が使うものです。 そして、私たちケアマネージャーはそのケアのプランを作ります。

  家族の望む介護の形は様々なものがありますが、そういった、専門的なものであることをきちんと説明して理解していただき、家族の生活に合わせて利用できたらと願ってやみません。