他の介護職との連携

 ケアマネージャー(介護支援専門員)は、要介護者の人格を尊重し、常に要介護者の立場になって、居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスなどを受けられるようにしています。つまり要介護者の変わりに様々ところと連絡を取り合いより良いサービスを受けられるようにするのです。

  利用者や家族のプライバシーに関わることはもちろん、他の介護職とも連携を取らなくてはならないため、ケアマネージャー(介護支援専門員)には人としての信頼関係を築くことのできる力が求められるのです。

  複数のケアマネージャー(介護支援専門員)がいる場合他の他のケアマネージャーと報交換することができます。また複合型の施設なら他の部門と連携することにより利用者に対して総合的なプランを提供することができます。

  ケアマネージャーはサービスの満足度(内容や量)の評価を行う必要があり、これをモニタリングといいます。モニタリングの結果次第では、課題を再度分析してケアプランの変更することがあります、このとき様々なサービスを受けている現場の介護職等からの情報が重要となるのです。

  ケアマネーシャーになるためにはそれまでに他の職業に従事し、様々な経験をしていることとおもいます、主に看護職系か介護職系の2通りだと思われますが、やはり看護系の方の立てるプランはリハビリや医療に関するプラン、介護職系の立てるプランは在宅などでの日常の介護に関するプランが主となる傾向があります、当然どちらも取り入れたプランが立てられるのが理想なので常に情報を手に入れるためにも様々なところと連携をとることが重要なのです。

  良いケアマネージャーになっていく上で重要ことに「人脈が広いこと」があげられます、これは要介護者により良いサービスを提供する上でどこの施設に空きがあるか、利用者にとって使いやすい場所なのか等の情報が必要であり、病気の知識、ADLやQOLの向上のために必要な介護はどんなものなのか、そういったことをきちんと知った上で、さらに、そういった使える情報を掴んでいること、そして誰に連絡する、どこに連絡すると、そういった施設についての情報を持っていられるのか。そういったことが出来るようになっているには、様々な人とのつながりが物を言うわけで、そういったことが出来るようにするために、ケアマネージャーになるのには経験が必要なのかも知れません。

  常にアンテナを広げ、知識を高め、人脈を作っておくには、ひとりよがりになると出来ることではありませんから、ケアマネージャーになるまでの間にそういった仕事の上での連携を作っておくことは非常に重要なことといえるでしょう。そうした上に、質の高いケアプランやケアに関する情報の提供が出来るのではないかと思います。