現場でのケアプラン対象者との接し方

 ケアマネージャーが仕事を行っていく中で、必ずケアプラン対象者であったり、その家族にお会いするということがあります。

  介護現場の中に、ケアマネージャーはほとんどいませんから、そういった意味での接し方というのは無いと思います。

  もちろん、基本的には優しく、礼儀正しくというのは他の職業となんら変わりませんが、本人の様子や希望などもきちんと聞くことが必要です。

  家族の方のお話もよく聞き、普段のお世話の進め方や、生活習慣を良く聞いておくことも非常に重要になります。

  介護度によって、そういったお話の内容は全く変わってきますし、病気の種類でも違ってきます。

  そういった面談があって、それから作られていくケアプランですから、本人や周囲の状態を良く知らなければ、きちんとした内容のケアプランを作ることは非常に難しいでしょう。

  その中で、やはり重要だと思うことは、本人がきちんと打ち解けてお話が出来るようにしていくこと、家族本位になりすぎないこと、などにも気を配ります。

  在宅であれば、寝たきりの人で、全く他の人の言っていることが理解できない状態の場合には、普段どうしているのかを、お世話をしている人に良く聞かなければならないでしょうし、自分で動いて移動が出来て、意思の疎通がきちんとできる要介護者の場合には本人の希望が非常に良く出てくる場合もあります。

  ケースバイケースで、きちんとした対応をすること、堅苦しすぎないで、打ち解けることが出来ること。そして、お話の中には他人には話したくないことも沢山出てくるのが通常でしょうから、そういったことは他でお話しないことは絶対にあげられる接し方であると言えると思います。

  一番大事なことは在宅訪問で初めて会った方に信頼をしてもらえるように努力することであり、礼節をわきまえることはどのような仕事でも基本事項であります。

 その他にいえることは、これから介護を受ける上で、その基礎となるケアプランを作成する人間であることを理解してもらえるように信頼をしていただくことは、その方にとって一番良い方法、そして家族の方にとって、一番良い方法を考えていく第一歩になるのです。