ケアマネージャーの職場

 ケアマネージャーが働く職場は様々な場所があります。

公的機関

福祉事務所、市区町村福祉担当課、福祉公社、在宅介護支援センター、老人訪問看護ステーションなどがあります。

民間の福祉機関

各市区町村社会福祉協議会、居宅介護支援事業所(ケアプラン作成機関)として指定を受けた法人や老人短期入所施設、有料老人ホームなどの入所施設の職員になるなどがあります。

介護保険施設

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などの介護保険施設があります。

その他

訪問介護事業者(NPO)、生協、農協、シルバーサービス企業などがあります。

  ケアマネージャーとしての実務経験を積み、居宅介護事業所として独立する人も増えてきました。

  そして、更には民間企業での需要もあることから、生命保険会社や福祉用具販売会社での仕事もあります。これらの民間企業では専門家であるケアマネージャー有資格者を優遇して採用する動きもあります。

 介護老人施設などでは要介護者の人数によって、ケアマネージャーの設置が義務付けられていますのでそうした職場での仕事もありますし、在宅系で仕事をしているケアマネージャーの作る書類というのは例をあげると次に関連するものがあげられます。

  訪問介護、通所介護、訪問看護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入所型生活介護、痴呆対応型共同生活介護、福祉用具貸与、居住療養管理指導など。

  こうした種類をみても、かなり沢山の職場の可能性が考えられるというものです。