要支援と要介護

 予防介護を重視するべきという観点に基づき介護保険が見直されましたが、そのことについて解説させていただきます。

  介護保険とは現在では、要介護の状態に無い人の場合においても、要支援1、要支援2といった度合いに分けられており、給付が行われています。

  これはなぜかというと要介護に無い人が「介護を受けなくても良い状態でいられるように」するため、そして、現在要介護状態にある人も「それ以上介護度が重度化しないようにする」ためという考え方のものです。

 現在の状況として、要介護認定を受ける人は増加の傾向となりますが、中でも 「要支援」「要介護1」といった人のケースがその半数となっています。

  そういった軽度な介護度であってもそういった方は転倒や骨折、関節疾患などの危険性があって、いつしか生活機能が低下していく「廃用症候群(生活不活発病)」の状態になっていたりすることもあって、今は大丈夫であっても、今後その状態になる可能性が高い人が多いのが特徴となります。

  そういったことを踏まえて改正された、介護保険の見直しでした。 今後、介護度がひどくなっていかないようにするために、介護予防という考え方やサービスがあります。

  介護予防サービスのおもな内容としては

・介護予防通所介護
・通所リハビリテーション
・介護予防訪問介護
・ 介護予防福祉用具貸与

などがあげられてきますが、実際にケアマネージャーのほうでも、介護予防福祉用具を貸し出しすることに関わったりもしてきますので、こういった介護予防サービスもケアの一つの中での知識として持つ必要があります。